kamegon氏(詩)の部屋

 

 

 

丘に登って


丘に登ってみたけれど
何故か儚き思いするだけに
私の心寂しさ芽生える愛を探す夢を見た

あの丘は
愛する心を芽生えさしてくれる
あぁ、何故に私の心を乱すのか

丘よ!!
愛を育てる丘よ!!
私の心を騒がせないでくれ

恋の形 愛の形
知らぬ私をどうかそっと包み込んでくれ

丘よ!!
愛を育てる丘よ!!
私の心を騒がせないでくれ

どうか たおやかな想いを私に向けてくれ
私は、そんな丘でいて、欲しい

恋の形 愛の形
そっと教えて欲しい
                   by kamegon 

          

 

 

乙女


乙女が森に来まして、小人に尋ねました。
この森を抜けると大きな泉に出で、何でも叶えてくれる。
そんな泉があると訊きました小人さん知らない。
小人は言いました。
お嬢さんよしなさい。
森を抜けるまでに魔物に食われる。
乙女は言いました。
弟が病気なの。
どうしても泉にたどり着きたい。
そう言って、小人がとめるのも聞かずに泉に向かっていきました。
乙女は、魔物に食われたが。
空から一筋の光が射し・・・。
その光は、泉に向かい。
乙女の願いは、叶いました。

                                  by kamegon

 

 

戻る。